施工品質向上への取組み

ソーラー施工ID認定制度について 


【安心・安全の施工体制をめざして】

太陽光発電システムは正しく設置されることでその機能を発揮し、品質を維持できる商品です。
もし施工の不具合により建物全体に悪影響を及ぼした場合は、メーカー・販売店共々お客様からの信用失墜や企業の存続に関わることになりかねません。
LIXILは「安心の最適設計」と「安全な施工品質」をお客様へ提供できることを目的とした施工体制を構築します。


【施工ID認定制度の導入】

そこで、ソーラー施工認定者の育成を目的とする研修会を開催し、施工の品質向上と均一化を狙います。

 

 

 販売専任者の必要スキル

スキル構成図 

施工IDの位置付け

 

下矢印


LIXILの太陽光 業務工程

業務工程図

 

施工ID付与者とは

施工研修の御紹介

 

《 座学で学ぶ内容 》 

   ◆ 太陽光発電システムの基礎知識   

   ◆ 屋根に関する建築知識

   ◆ 電気工事に関する基礎知識

 

 

            《 実技で学ぶ内容 》

                     ◆ 支持部材別の施工方法の習得

                     ◆ 傾斜面での安全対策知識

                     ◆ 受講者全員での施工実践

 

 

 

《施工研修拠点について》

   

    ◆ 関東研修場・・・千葉県松戸市

    ◆ 関西研修場・・・大阪府大阪市

    
  

 

 

 

↑ このページのトップへ